2011年06月14日

しゃぶしゃぶを仲間と楽しく味わいたい♪

s_hp03.png

しゃぶしゃぶをもっとおいしく楽しむコツを、館林駅前、舟木亭がご紹介

しゃぶしゃぶとは、お鍋にたっぷりと張った煮え立つお湯や

お出汁に肉や野菜などの材料をサッとくぐらせて、

タレに付けて食べるというもの。
nabe-4.png

シンプルでありながら、本当においしい素材で

贅沢に楽しむという“高級料理”のイメージもありますね。
top-11.png

ご家庭の食卓からご宴会、ご接待、

デートまで、さまざまな場面に活躍しています。

omise.jpg

そんなしゃぶしゃぶをもっとおいしく楽しむコツを、

館林駅前、舟木亭がご紹介します。

当店自慢のしゃぶしゃぶを是非お楽しみください。

011.JPG

日本を代表する人気メニューのひとつでもあるしゃぶしゃぶ。

お肉や野菜をさっとお湯にくぐらせるだけのシンプルな料理でありながら、

上品な味わいが楽しめるのがしゃぶしゃぶの魅力です。

今や、家庭の食卓から外食のメニューとしても親しまれています。
s_004(1).png

そんなしゃぶしゃぶの歴史を皆様はご存じでしょうか?

最近では、すっかり日本料理として

お馴染みのしゃぶしゃぶですが、その原型は、中国にあったとか。

人気メニューしゃぶしゃぶの歴史を、館林駅前、舟木亭がご紹介します。


しゃぶしゃぶ 起源は中国に

しゃぶしゃぶは、日本料理として人気メニューとなっていますが、

その原型となるものは中国、
北京の火鍋の一つ「シュワンヤンロウ(shuàn yáng ròu)」
が戦後、中国から帰国した人々から京都に伝来し、
日本の「しゃぶしゃぶ」のルーツになったとも言われているそう。

中国の火鍋料理。

この料理は羊肉を鍋で煮込んで濃厚なタレを付けて食べるというもので

日本のしゃぶしゃぶの様に、サッとお湯にくぐらせるシンプルさとは

随分趣が異なっていた様です。

そして、この料理が日本に伝わり、広まるにつれて羊肉から牛肉へ、

たれも和風の醤油ベースのものへと

日本人の嗜好に合わせて変化が加えられていきました。

しゃぶしゃぶの誕生
hp006.png

こうして中国から伝えられた料理が、
「しゃぶしゃぶ」として誕生したのは昭和27年のこと。
東京のスエヒロ本店の三宅氏によって考案されたものでした。

当時、スエヒロでは従業員がタライの中でおしぼりを洗っていました。

それが、お肉をお湯にくぐらせる様子と似ていたので、

その「しゃぶしゃぶ」という音をそのまま料理の名前に採用したのだとか。

またしゃぶしゃぶは、今でこそ季節は関係ありませんが、

当時、夏の新メニューとして考案されたものと言われており、

本来は夏の料理なのだそうです。


しゃぶしゃぶ 人気メニューに

しゃぶしゃぶは、その音を感じさせる名前で

すぐに話題となり、大人気に♪

70年代までにはしゃぶしゃぶを取り扱うお店も増え続けて、

外食メニューとして定番になっていきます。

さらに80年代に入ると、

胡麻ダレやぽん酢ダレが店頭にも並ぶようになり、

しゃぶしゃぶは家庭メニューとしても楽しむことができるようになりました。

こうしてしゃぶしゃぶは、外食のメニューとしても、

家庭料理としても、人気を集めるようになっていったのです。

館林 舟木亭の高級しゃぶしゃぶ


館林駅前、舟木亭でも、厳選された素材を用いたこだわりの

高級しゃぶしゃぶを皆様にお楽しみいただいております。


s_004(1).png

きめ細やかな霜降りが特徴の上州牛、


艶やかな肉質とさっぱりとした味わいが特徴の上州麦豚

s_067.png
シャキシャキとした食感がお楽しみいただける群馬の新鮮野菜、
s_004(7).png

さらに風味豊かなポン酢だれと濃厚な胡麻だれが

豊かな味わいを広げる当店自慢のしゃぶしゃぶ。
hp2.png

ご宴会やご接待、ご家族でのお食事や大切な方とのデートなど、

さまざまな場面に館林駅前、舟木亭のしゃぶしゃぶをお楽しみください。

ラベル:しゃぶしゃぶ
posted by kimama at 15:44| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。