2012年06月25日

夏のおつまみ枝豆



**枝豆 おつまみの定番

枝豆夏のおつまみの定番と言えば、枝豆。
tanuki-1.jpg
「とりあえず生ビールと枝豆!」という声が、

夏の宴会ではあちこちから聞こえてきますね。

大地の香りがふっと漂ってくるような、

枝豆の豊かな風味がビールと共に体に沁み渡っていきます。

-枝豆は栄養豊富で手軽に独特の旨みを楽しめるのが魅力。

典型的な調理法である、枝豆の塩茹でなら、

大豆に豊富に含まれる蛋白質などによって

アルコールの分解が促進されるので、体に優しく、

おつまみにするのはとても理にかなっているのです。
2430hp1.jpg


**枝豆とは?

-枝豆は、未成熟な大豆を収穫したもの。

そのため収穫しないでおけば

緑色をしたサヤは茶色になり、サヤの中の豆は大豆となるのです。

-枝豆という名前は昭和46年に付けられたもの。

それ以前は「未成熟大豆」という名前でした。

英語圏では、枝豆は「Edamame beans」や「Edamame」と呼ばれているそうですよ。

m−1.jpg

枝豆のもっともポピュラーな食べ方と言えば、やっぱり塩茹ですね。

ビールのおつまみとして不動の地位を築いています。

枝豆の需要は、ビールの消費量と比例して増加の一途をたどり、

夏ならではのビアガーデンも枝豆人気に大貢献!

「とりあえず、生ビールと枝豆!」こんな掛け声があちこちから聞こえてきます。

***枝豆の茹で方のポイント

夏のおつまみの定番 枝豆をよりおいしく楽しめる

茹で方のポイントを館林駅前 舟木亭がご紹介。
s_188.png
-枝豆を塩茹でする際、沸騰させた湯に入れる前に枝豆のさやごと塩もみします。

そうすることで茹で上がりがとても色鮮やかに♪。

茹であがった枝豆はうちわで冷ますか、

茹でたての熱いままをいただきます。

水にさらすと枝豆の濃厚な味わいが逃げてしまいます。

**枝豆の名前の由来

-枝豆は江戸時代、枝のまま茹でて売られていました。

当時はそのままの状態で食べ歩きされていたそう。

枝豆は、ファストフード的存在だったのですね。
s_s_haibo-ru001.png
枝に付いたままの豆ということで、

「枝付き豆」「枝成り豆」などと呼ばれていました。

それが現在の「枝豆」という名前の由来と言われています。

***枝豆の旬
g_leaf01.png
-枝豆の種類によって異なりますが、

枝豆の旬は7月〜9月とされています。

生ビールがおいしい時期とまさに一緒ですね。
drink002.jpg
***人気の枝豆

-枝豆の産地は、群馬県と千葉県、新潟県や山形県など。
s_021(2).png
健康志向や日本食ブームの影響もあり、

枝豆は外国でも食される人気のヘルシーフードです。

もちろん塩で茹でるだけのシンプルな調理法も人気の要因といえるでしょう。


***転作作物としての枝豆
b25.jpg
-枝豆は転作作物として多く用いられています。

その理由は他の作物に比べて作業時間が極端に少なく効率が良いから。

米を作る土が枝豆に合うということもあり、

米に換えて枝豆を作るというケースも増えているとか。
gz-1.png
-スイートコーンや茄子、ブロッコリーなども

転作作物として栽培されることがありますが、

土と相性が合い、作業時間も少ないという点では

枝豆が最も効率のよい転作作物として定着しているのです。
s_PB240012.png
posted by kimama at 01:14| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

しゃぶしゃぶ 納涼祭

納涼会 しゃぶしゃぶ
館林駅より徒歩2分!舟木亭で今年の納涼会を楽しんでみませんか?
s_hp-1.png
しゃぶしゃぶ納涼会、暑気払い♪館林駅前舟木亭
納涼会は、数ある宴会の中でも、暑い夏に盛大に行われるもの。


そんな納涼会をさらに盛り上げてくれるのが、お酒とお料理。

お酒とよく合うメニューや味はもちろん、
見た目の華やかさも大切なポイント。
そして何より!仲間と一緒に楽しめるお料理というのが納涼会には人気です。
hptop1.png

当店でも、そんな納涼会にぴったりのお料理を取り揃えております。

今年の納涼会は舟木亭で、こだわりの味わいをお楽しみください。
s_s_haibo-ru001.png
くつろぎの掘り座敷をご用意。20名様位のご予約は貸切でお楽しみいただけます。

お早めのご予約をお待ちしております。
012.JPG

しゃぶしゃぶ納涼会 おもてなしコース

gz-1.png
お造りと大皿料理としゃぶしゃぶのコース♪ 香の物 きしめん

館林 舟木亭 納涼会におすすめのお料理
新鮮なお造り♪館林駅前舟木亭

s_067.png
お造りと、麦風とりの唐揚げとフライドポテト盛り合わせ♪

top-3p.png
お肉を選べるしゃぶしゃぶおもてなしコース
谷川岳コース   3675円
麦豚をたっぷりと 
drink002.jpg

榛名山コース   4200円
上州牛と上州麦豚をたっぷりと
mise-niku-1.png

赤城山コース  5250円
上州牛霜降りリブロースをたっぷりと
s_199.png

みんなが大好きな鍋料理の中でも、一年中楽しめるのがしゃぶしゃぶ♪

自分たちで作りながら食べるというスタイルで食べる分づつ

お出汁にくぐらせるだけなのでとても簡単です。

納涼会には上州群馬の食材を活かしたお料理を囲んで

s_064.png
納涼会におすすめしたいのが、皆さまで囲める大皿料理。

b20.jpg
当店人気の麦風どりの唐揚げとフライドポテトを、

たっぷりと盛り合されたものをご用意させていただきます♪


群馬の特産である麦主体の飼料を用いて、ゆったりと育てられた麦風どりの唐揚げと、

朝採りじゃが芋のフライドポテトは、もちろんできたて、つくりたて♪

麦風どりの唐揚げと、朝採りじゃが芋のフライドポテトは、もちろんできたて、つくりたて♪館林舟木亭

003.JPG
麦風どりの肉質はやわらかく、お口に広がるジューシーさをお楽しみいただけます。

小麦胚芽を飼料に配合しているので、従来の2倍ビタミンEを多く含むため、

疲労回復や美容にも効果を期待できる優れもの。

menu-003.png
はじめに新鮮なお造りを。そして麦風どりの唐揚げをフライドポテトと共に盛り合わせて、

ご提供いたします。
maguro tann.jpg

上州群馬の優れた食材を使用した、納得いただく味わいが納涼会を盛大に盛り上げてくれます。
hotate ikura-1.jpg

はじめは、乾杯で渇いたのどを潤して頂きながら、新鮮なお刺身を銘々盛りでご用意いたします。
s_033.png

席を移動しても、人数の増減があっても融通が利くよう、

豪快に盛り合わせた麦風どりの唐揚げとフライドポテトは、生ビールとも名コンビ!


幹事様も安心な飲み放題プランもございますので、お料理と合わせてお楽しみください。
s_PB240012.png

契約農家から届く、朝採りジャガイモを使用するフライドポテト

も一味違う夏の味覚!納涼会にはぴったりです。
159.JPG

仲間とおいしく、楽しくお料理を囲めば、

日本一暑いといわれる館林の夏も、元気に乗り越えられること、間違いなし♪

h-p1.png
館林駅前、舟木亭で今年の納涼会を楽しんでみてはいかがでしょうか?
tanuki-1.jpg

しゃぶしゃぶで楽しむ納涼会

上州牛リブロース♪館林舟木亭

s_s_kira-top-2.png
納涼会にしゃぶしゃぶもおすすめ。


もともと、夏のお料理として考案されたしゃぶしゃぶ。夏の英気を養うならしゃぶしゃぶ♪
hp006.png

仲間とお鍋を囲んで、楽しく召し上がっていただける

しゃぶしゃぶは、賑やかな納涼会の雰囲気にぴったりです。
199.JPG

当店のしゃぶしゃぶは、群馬の逸品「上州牛」のリブロースを使用。

きめ細やかな霜降りが、口に入れた途端やわらかくジューシーな食感を生み出します。

s_top-16.png
シャキシャキ野菜との相性も抜群♪

タレはまろやかなぽん酢と、濃厚な胡麻だれの2種類でお楽しみいただけます。

皆様の納涼会を舟木亭がお手伝いさせていただきます。
*納涼会、暑気払いの豆知識
***納涼会、暑気払いって何?

「そもそも納涼会って何をするの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。


「暑気払い」(しょきばらい)と同じ意味を持つ納涼会。


夏の厳しい暑さに負けないように、暑さを打ち払って、夏を乗り越えようという意味があるそう。


江戸時代の夏の盛りには、枇杷や桃の葉が、辻売りされ、

薬湯として親しまれていました。これは、枇杷や桃の葉に、

漢方でいう「体の熱気をさます効果」があるからです。

ayame-07.jpg
最近では、午前中から行うアットホームな納涼会もあります。

家族そろって出かけて、皆で楽しむことが多いよう。

s_047.png
そうめん流しやビンゴ大会など、納涼会ならではの催しものも見られます。
red-5.jpg

他には、暑さも和らぐ夜に、場所をお店に移して行われる賑やかな納涼会もあります。


会社や地域の仲間との納涼会も同じく、美味しい食事を楽しみながら、楽しく盛りあがります。
b33.jpg

いずれにしても納涼会は、コミュニケーションを深める大事な場。

会話を楽しみながら、和やかな雰囲気の中で楽しみたいですね。
ラベル:納涼祭
posted by kimama at 18:15| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。