2010年01月09日

群馬の館林グルメ♪

グルメの街 群馬県。そんな群馬の館林グルメを館林駅前 の舟木亭がご紹介♪

-ti.gif
群馬の館林グルメを探る

グルメの街 群馬県館林市
そんな館林で、意外と知られていない「グルメ」の意味や、
s_PC040018.png
館林グルメ事情を探ります。

グルメとは食を追及する人やその行動のこと

グルメ♪「食通」を表す言葉。


* グルメはもともとフランス語のgourmetからの外来語です。
s_kannpai.png

フランスでは本来「ワイン商人の召し使い」という意味でした。

それが次第に「ワインに精通した人」の意味を持つようになり、

現在の「食通=グルメ」という意味が生まれました。

バブル期以降、世の中が豊かになるのに伴って、

一般の人々もただ食事をとればよいというのではなく、

様々なシチュエーションでより美味しい食事を楽しみたいと

願う様になってきました。


食することは大切なひとつの楽しみと考える様になってきたのです。

「食」という生きるための活動が人々の間で
o-doburusannbann.jpg
「どこで」「誰と」「何を食べるか」ということに

大きな関心を集めるようになっていきました。

それからはグルメレストランめぐりなどが盛んになって生き、

グルメ雑誌やグルメ番組は 現在も大人気ですね。

最近では、「食通」という意味よりも、美味しい食事を

「グルメ」という人も少なくないようです。

本来グルメとは食自体のことではなく、

それを追及する人やその行動のことをさしています。

グルメたちが注目するもの


* グルメたちが注目するのは、ただ美味しいかどうかということだけではないよう。

お料理では、素材や調理法もグルメたちの注目点。

最近では健康志向も高まっており、
s_004.JPG
地産地消など地元で採れた新鮮さや安心など

素材に対するチェックも重要なポイントなのです。

グルメたちの「食の楽しみ」は、これからも広がっていきそうです。


* バブル期以降のグルメブームにともなって、

群馬県にも様々なレストランが多く並ぶようになりました。


* 群馬県がまだ「上野国」と呼ばれていた昔から

、お酒を飲める「居酒屋」や、

食事を提供する「飯屋」は存在していたそうです。


* 明治から昭和にかけて、一流ホテルに西洋料理を出す店が

東京で誕生してから「レストラン」として

注目を集めるようになりました。

しかし今のグルメブームに火がついたのは、バブル期以降。

人々が美味しいものを食べることに

大きな喜びを見出すようになってきたのです。

群馬県のグルメ事情

群馬県と一口に言っても、そこにはさまざまな街があり、

豊かな自然に裏打ちされたさまざまな表情があります。

そして、街が変わればグルメ事情も変わってくるもの。

群馬県の主要都市として知られる高崎市、前橋市、

伊勢崎市、太田市、館林市近辺は、

ビジネスマンに便利なファストフードが人気である一方、

ご宴会やご接待にご用達の居酒屋や料亭も多いようです。

群馬県特産の小麦粉を食す粉食文化の代表はやはりうどん。

館林市では四季を通して美味しくいただけるうどんも

幅広く人気を集めています。

市街地から少し離れた住宅街でも、

群馬県の各地で家族で楽しめるファミリーレストランが

多く見られます。
2010sintop.png

グルメが多い街・館林。そんな館林の駅前にあるのが「舟木亭」。


* 群馬県の銘柄牛 上州牛リブロースのしゃぶしゃぶ、すき焼き、

ステーキをメインにご提供している当店は、

素材を生かしたお料理がコンセプト。


* ご宴会やご接待など、東京や関西から館林にお仕事で滞在する

グルメなビジネスマンにもご利用していただいております。

24名様位のお客様に対応した掘り座敷をご用意。

ごゆっくりとお食事をお楽しみいただけます。

結婚記念日、お誕生日などのご家族の特別な日にもぜひ、

素材を生かした舟木亭の和洋オードブル料理をお楽しみください。

ラベル:館林グルメ
posted by kimama at 13:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。